読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺書手紙日記

覚書、或いはTLを汚さないための長文

生きていくにはお金がかかる

4月13日 雹のち快晴

午前中は雹が降るような天気も一時はあったが、3時40分現在は真っ青な空が広がっている。窓から見える限りでは雲ひとつ見当たらない。まぁ反対側にあるのかもしれないけど。

 

昨日は本を返してからランニングにでも行くはずが、積んでいた読書感想文を長々と書いてしまって結局返却して帰ってきた頃には7時半くらいになってしまっていた。途中でお菓子やらを買い込みにコメリに寄っちゃったせいもあるけれどね。

在庫整理なのか安売りしてて、普段利用するスーパーより全然安く買えてしまった。お菓子だよ、お菓子。コメリなのにお菓子だよ。都こんぶとかブラックサンダーバーとかその他幾つか買い込んでこれ500円越えるかなと思ったら490円で済んでやんの。びびったね。やっぱり税込み表示って楽でいいわ。

500円程度でビクビクするみみっちさが悲しい。でもしょうがないじゃない500円って言ったら時給の6割強くらいなんだもの……。

 

さて、明日は待ちに待った休日なのでゆっくりしたいが、祖母の病院の送り迎えの用事があるのでそうそう朝から晩までゆっくりとはいかない。というか今のメンタルで朝から晩までゆっくりしてたら多分罪悪感で心が休まらないと思う。気分転換が大事だよね。心の換気ってやつさ。

お、はてブだった。これこれ、これぼくもツイッターで見た。

shinya-sheep.hatenablog.com

いい表現だなーと思った。

まぁ一度ドロップアウトしちゃったので、今後どうするかものすっげえ悩んでて精神キツいんですがね……。お金がないと美味しいものも好きな映画も見れないこんな世の中じゃ……。

 

そういえば映画で思い出したけど、いつも思うけどあれってすげー贅沢な趣味だよね。

ほんの1時間半か2時間ぽっちに2000円も使うんだぜ。すげーよ。2000円あったら文庫本3冊くらい余裕で買えちゃうのに、それを蹴って2時間だぜ。しかもわざわざ上映場所まで足を運んで、パンフレットやらお菓子やら飲み物買ったらもっと足が出るんだぜ。それでも2時間だぜ。

いや悪いこととは言ってない。むしろ逆。羨ましい。そんな風に体験そのもの、空間そのものに対してお金を払える余裕が羨ましい。ぼくだって映画館の1回や2回くらいは行ったことがある。開始のブザーも会場の暗転も映像が始まるときの社名のクレジットもすげーわくわくする。分かる。だからあれを、値段を気にせず何度も体験・経験できる人たちがすっごい羨ましい。

ぼくの場合は大抵友人に誘われていく形で、その友人が障害者手帳を持っているので通常1800円くらいのところを1000円で見れるのだが、それでも出費としては結構痛いもん。来てよかったなぁと思いつつも、レシートを見てちょっと凹むもん。

ちなみに最近映画館に行ったのは「ズートピア」を見に行ったときかな。面白かった。パンフレットも買った。……あれ、パンフレットどこやったっけな。忘れたけど。

最近だと「シン・ゴジラ」が見たかったなぁ。見たかったねえ。見たい見たいとは思いつつも結局行けなかった……。今見たら「君の名は。」は最寄りの映画館で見れるけど「シン・ゴジラ」はもうやってるとこないっぽい。うぐう。

気軽に映画見に行ける収入もほしいなぁ。ああ。

 

出費の話は他にもある。

まず寝具でしょ。今の布団と枕はもう何年も使ってるけど、あんまり体に合ってない気がするんだよね。まず体が頭から足まで入りきってないしね(身長188cmあるせい))。あと枕もなんかこう……寝にくいんだよね。だから、よくいわれるじゃん、人間は人生の1/3を布団の中で過ごすからきちんとしたものを買いましょうって。だから買いたいんだけどさー。選び方とか分かんないし、高いものを買うほどお金ないし、高いもの買ったとしてももし合わなかったらどうしようってなってさ。専門家に聞けばいいのかなとも思うけど、お店の人に聞いたら、お店の人だって商売だから買わせなきゃいけないわけじゃん。本当にぼくの体に合ったものを選んでくれるのかなぁという心配は常に付きまとう。

次に礼服でしょー。そういえばスーツと礼服って別物なのかな。多分別物だろうけど。今年祖父の13回忌をやるらしいので、その時までに礼服を用意しておかなきゃいけないなと思っているんですよ。ずっと使う用事なかったから持ってなかったけど、いい機会かなって思って。でもあれも何万円くらいするんだろうね。ちょっと調べてみたけど……うーん難しいな……ダークスーツとかブラックスーツとか……。でもやっぱ3万円は見なきゃいけないみたいだなぁ。ううん。ちょっとこれも痛いなー。

更にはパソコンでしょー。昨日も箇条書きに混ぜたけどこれが今一番ネックかもしれない。今のPCは5万円くらいで組んだけど、今よりしっかりしたものとなるとやっぱりお予算10万円くらいは見なきゃいけないと思うんだ。ディスプレイ込みで。となるとぐえー結構きついー。

あとあれあれ、ランニングシューズね。上記3つと比べると値段はかなり落ちるんだけどさ。今ランニングに使ってる靴は靴箱にあった有り合わせのやつで、実は足に全然合ってないのよね。そんで、誤魔化し誤魔化し使ってはいるんだけども、ちょっと最近その靴を履くと左足の親指の付け根辺りが凄く痛い。右はなんともないのに左だけ痛い。少し前からここの部分が打ち身になったみたいに痛いなーと思ってたんだけど、最近気付いたんだ、ランニングした翌日痛むんだってことに。折角習慣づいてきたのにこれはちょっと困ったなあってことで、新しいのを買いたいんだけど…これまた見繕うと1万円下らないのよね。きっついわー。

 

一応貯金そのものは上に挙げたすべてを賄ってもまだ余るくらいにはあるとはいえ、貯金を吐いてしまうのもそれはそれでかなり精神的に怖いものがある。

ほんとどうすっぺかなー。

 

 

まとめ

・寝具にお金をかけたい

・礼服を買わなきゃいけない

・パソコンを新調したい

・ランニングシューズ買いたい

 

結論:生きていくにはお金がかかる

 

 

5時30分

2478文字